コンテンツ

家づくりの資金計画

こんにちは、主婦代表 久保田幸代です!

今回、家づくりを検討している方に、資金計画の中でどうしても知っておいていただきたいことがあります。

例えば、3,000万の家を3,000万で買える人は現金で購入される方だけです。ほとんどの方が住宅ローンを組みます。
住宅ローンを組むことによって3,000万以上のお金を支払うことになるのです。このことをしっかり理解してください。

ローンの組み方によって総返済額がそれぞれ違うんです。

金利が違う場合

例えば
住宅3,000万円・金利3%(全期間固定)・35年のローンを組んだ時
月々の返済額×12ヶ月×返済年数=総返済額
115,470×12×35=48,497,400(約4,850万円)

住宅3,000万円・金利4%(全期間固定)・35年のローンを組んだ時
月々の返済額×12ヶ月×返済年数=総返済額
132,840×12×35=55,792,800(約5,570万円)

その総返済額の差は、約720万円にもなるのです。

同じ条件での借入であれば、金利の低いほうがお得となるわけです。

返済期間が違う場合

例えば
住宅3,000万円・金利3%(全期間固定)・35年のローンを組んだ時
月々の返済額×12ヶ月×返済年数=総返済額
115,470×12×35=48,497,400(約4,850万円)

住宅3,000万円・金利3%(全期間固定)・30年のローンを組んだ時
月々の返済額×12ヶ月×返済年数=総返済額
126,480×12×30=45,532,800(約4,550万円)

その総返済額の差は、約300万円にもなるのです。

この場合、総返済額の300万円を選ぶか、月々の支払いの安さを選ぶかのどちらかになります。

 

さてあなたならどれを選びますか?

家づくりの大切なポイントは、きちんとした資金計画を立て、“あなたに合った最良な住宅ローン”を組むことなのです。

いつも家計をやりくりしている奥さま、本当にご苦労様です。
そのおかげで旦那さまや子供たち・おじいちゃんやおばあちゃんの健康で元気な笑顔があるのでしょう。
きっと旦那さまも家族も「ありがとう」と感謝しているはずです。

『この家族と一緒に新しいお家で楽しく暮らせたらいいなー』って思いますよね。

家を建てるってワクワクドキドキですね。

「ステキなかわいいお家に住みたいなー」・・・でも「お金かかるしなー」
不安と期待の入り交じり…

その一つとして『資金』の問題って大きいですよね。

  • 「住宅ローン」ってどこで借りればいいの?
  • 「金利」ってやっぱり低いほうがいいよね?????
  • 「変動金利」・「固定金利期間選択型」・「全期間固定金利型」ってなに!?
  • 「諸費用」がかかるって?

『なに?』 『なに??』 『なに???』ってことだらけ。
いろいろなことを勉強しなくてはなりません。

  • 自分で調べること
  • 人から話を聞くこと
  • 専門家に聞くこと

どれも大事!いろいろな方面から情報をゲットしましょう。とても参考になりますよ。
その意見を参考にしながら、我が家の「ライフプラン」に合わせることがキーポイントです!!

 

「ライフプラン」とは

これからの自分・家族にどんなイベントがあるのか、どんなことをやりたいのか、そのときにどの位のお金がかかるのか?
を具体的に把握するものです。

年齢も違えば収入も違う。子供の人数だって。世界に一つしかないライフプランなのです。
このライフプランに合わせた「資金の借り方」があるんです。

  • 決して相手が勧める住宅ローンを鵜呑みにして契約しない事。(自分で内容をしっかり納得して決めること。)
  • ムリな返済額にはしない事。

多くの方の意見を聞き参考にして我が家にはどの住宅ローンが合っているのかを見極めることが大切です。
支払っていくのは自分達なのですから。

そのための協力者として私たちスタッフが全力でサポートさせていただきます。